Just another WordPress site

Just another WordPress site

なくなって気付いた事

私は今49歳になりますが、10年ほど前38歳の頃「統合失調症」と言う精神科の病気を発病しました。それまでは普通に工場で働き、仕事が終わったらアパートに帰りご飯を食べて眠る、と言うごく普通の生活をしていました。派遣社員として働いていまして派遣会社の方がうちまで来てくれまして、精神科に連れて行ってくれました。良心的な派遣会社でした。幻聴もひどく妄想もひどく病気と分かっていませんでしたので、しばらくは仕事にも行っていました。お医者さんに薬を頂いて薬を飲むと幻聴がおさまりました。有給が有りましたので有給を使ってお休みを取りましょう、と言う事で様子を見ていました。調子が良くなりましたので私はもう働けると思いまして、派遣会社さんに次の仕事を紹介してもらいました。そしたらある日、薬の副作用で目の不調が起こりまして仕事を早退しまして、早退が続きまして結局は辞めてしまいました。それから副作用に悩む日々が続きました。何か所が仕事を転々としまして、妹がいまして妹と暮らしていましたが妹との仲も悪くなりましてふんだりけったりの毎日でした。
今は妹とは別居していまして、一人でアパートで生活しています。副作用が嫌で2回程薬を飲むのをやめた時も有りましたが、結局は再発しましてまた幻聴が聞こえてくるようになりました。今はちゃんと薬も飲んでいます。そしてここ1年間は副作用は起こっていません。
傷病手当を頂きながら生活をしていた時期も有りまして、その時に大変辛い思いをしまして仕事がある事の幸せさに気付きました。やることの無い事ほど辛い事は有りません。私は音楽が好きなのですが、テレビが見れなかったので、音楽を聴いて1日を過ごしまして眠ってばかりいました。ご飯の時間になったら起きて、食事しまして、お風呂のの時間になったら、お風呂に入って寝る時間になったら眠る生活をしていました。
今は作業所で1日4時間無理のない程度に働く事が出来ていまして働ける事の幸せに気付きました。